この物件では、屋根材4種類、外壁材2種類(板金部)という比較的多くの種類の材料を使い分けての施工でした。

​見た目はもちろん、機能やコストなどを考慮して、施工箇所に応じた材料が選ばれます。

まさしく適材適所。

​職人の配置もそれと同じで、施工前段取り、加工、運搬、取り付けという様々な行程を、職人の能力と特性によって振り分け、作業を進めていきます。

​適材適所という堺板金のポリシーが遺憾なく発揮された現場の一つになりました。

冷蔵倉庫

​大阪府泉佐野市

Copyright © 2018 Sakaiconstruction. All Rights Reserved.